--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/04/13 Sun  10:05
読了&鑑賞

今日の記事は・・
『幸せのちから』 The Pursuit Of Happyness
この本の読了と、映画鑑賞の感想についてです!
 
全くもって、uribo個人の勝手な感想ですので
その事を頭ン中入れてお読みください。。
あと、完全ネタバレですので、知りたくない方はスルーしてください!
 
では、始まり始まりぃ~♪
 


p08041301.jpg

読み始めた頃、ちょっと時間がかかる本だと思った。。
他人の人生を垣間見るというのは、簡単そうで結構重たい。
その人がどんな思いで生きてきたか・・
さらっと読めばそれはそれで良いのかもしれないが
やっぱり、それで終わりにはしたくない!という気持ちがあるので
時間がかかったとしても、きちんと読み進めていく本だと思った!
 
あと、この本はウィル・スミスと、ウィル・スミスの実の息子が出演して映画になった。
その映画が、昨日のスカパであるのを知って
それまでには読み終わりたいと・・頑張って読みました!(笑)
先週初めには読み終わり、無事、昨日映画を鑑賞しました♪
・・最初の方は踏み踏みしながらですが^^;
 
映画を観終わって最初に感じた事・・
『ん~、そうきたか・・』 でした。。
別に映画が悪いって言うんじゃないです!
ちゃんと、 『幸せのちから』 = 『親が子供を思う愛情』
というのがハッキリと描かれていました!
 
ただ、映画ではクリスの息子クリストファーに対する愛情に標準を置いていたんです。
本を読んでいると、それよりも以前の、クリスが母親から貰った愛情を知っているので
ちょっと物足りなさを感じました。。
 
クリスが、幼い時から恵まれずに生きて来た時も
成人して、なおも上手くいかない生活の日々の中でも
寝泊まりする所も無く、みじめな日々の中でも
『あなただって、望めばいつか100万ドル稼げるのよ』
この、母の言葉を信じ続けられたから頑張れた・・
母から 『幸せのちから』 を貰っていたから頑張れた・・
そうuriboは理解しているからです。。
 
この本をすべて網羅して映画化するのは不可能だとは思う・・
だからこそ、映画では父親と息子の愛情がテーマで作られたんだろうな。。
実の親子だから・・というのは特には感じなかった・・
それ以上に、さすがウィル・スミスという演技力でした!
 
お金も無く泊まる所も無い時、息子には明るく振舞って地下鉄のトイレで一夜を過ごす・・
息子も感づいてはいるだろうけど、小さい頃から父親の後ろ姿を見て育ってるからだろう
明るく楽しそうについて行く。。
しかしその場面で、息子のクリストファーを膝に抱きながらクリスは涙を流す・・
その一筋の涙には幾万もの思いが込められている・・
 
映画の最後に、もう1度、クリスは涙を流す・・
苦労して積み上げてきたものが成果を上げた時だった!
その涙にも、幾万もの思いが込められている・・
しかし、この2つの涙は全く正反対の意味をもつ。。
本には無い、映画ならではの表現方法だと思った!
 
主人公のクリス・ガードナー氏の素晴らしい所は
本来持ってる自分の力を最大限に使う事が出来る能力を持っている事!
母親からの愛情を、きちんと受け止めれたとこ!
自分の息子を、少しの陰りも無く愛し続けるとこ!
 
『望めば成功できる』 と教えてくれた母親の言葉を信じ
どんな困難が立ちはだかろうとも、「続けよう」と前に進む事が出来た!
赤いスポーツカーとの出会い・・
そこで、株の仲介人という仕事との出会い・・
クリスの『望めば成功できる』という思いから湧き出る力・・
並大抵の努力では成功し得なかったと思う。。
それでも、クリス・ガードナーは前に進み続けた。。
 
87年には自らの株式投資会社 『ガードナー・リッチ&カンパニー』 を設立
成功を収め、億万長者になった!
クリスは、自分が本当に困っている時に受けた恩は決して忘れてはいない・・
その人達がいたからこそ、今の自分があるのだと。。
この気持ちはとても大切だと思う。。
 
映画だけを観た人・・それでも充分かもしれないけど
クリス・ガードナーという人を知る上では、やっぱり本を読むべきだと思う!
小さい頃がどうだったか、成功した裏にはどんな物語が隠されていたのか・・
映画でウィル・スミスが流した涙の訳・・
それは、やっぱり本を読んだ方がわかるような気がする。。
 
最後に、本の中でも映画の中でも取り上げられていたんですが・・
『Happyness』 この単語 『しやわせ』 なんだって!
本当の 『しあわせ』 は 『Happiness』 だそうです^^
「とっても大切な言葉だ・・」 
綴りは 「y」 じゃなくて 「i」 だよ・・そう息子に教えていました。。
 
長々と読んでくださってありがとうです m(__)m
自分勝手な感想の上、意味不明な事書いたかもしれませんがご勘弁を。。
何はともあれ、 『幸せのちから』 とは愛情なんだと・・
改めて感じさせられた本との出会いでした!
 
 
次読み始めたのは、その愛情を受けて育つ事が出来なかった少女の続編
『タイガーと呼ばれた子』 です!
重たい本です・・でも、読みたい気持ちの方が大きくて・・^^
また読了の際には報告したいと思います!
 
Comment

☆ ♪woolさん

コメントありがとうです^^
ありがとうだなんて・・照れますぅ~
映画、観てみてください!
そして、まだ原作を読んでないのなら
時間がある時、読んでみてください^^
きっと、もっともっといろんな大切な事を
吸収できると思います!
 
woolさんの感想も聞かせてくださいね^^

☆ 紹介をありがとう!

uriboさん、こんばんは~。

今の時代に忘れられているような
大切な事がぎっしり詰まったような内容だよね。
夢や希望があるから、前向きになれるし
認められることで自身の存在を確認できるし
あぁ~またうんちく語ってしまいそう~(笑)

この映画、見損ねていたんです、私。
これも早速借りてみようと思います♪
ありがとう☆
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

☆ ガードナー・リッチ
何だかなぁ~^^ 読了&鑑賞 - URL - FC2 それでも、クリス・ガードナーは前に進み続けた。。 87年には自らの株式投資会社 『ガードナー・リッチ&カンパニー』 を設立成功を収め、億...

ブログ内検索

プロフィール

uribo

Author:uribo
 
今年は『吉』でした^^
頑張ろう♪って感じかな
 
写真はシマリスの空ちゃんです♪
 (*´゚艸゚`*)

 
 
気軽にコメントくれると嬉しいですヽ(^∀^*) 


*このブログにそぐわないコメントは、管理者の主観で削除させて頂く事があります。
あらかじめご了承ください!
 
 
 
FC2ブログへようこそ!

訪問者さん

見てる人^^

現在の閲覧者数:

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ


13日目 ≪         HOME         ≫ 14日目
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。